全国に認知されるべき式典でした!

2021.03.05

熊本でタレント活動をしている樫山結さん(33)。司会として第六回の三益式に参加されました。

Q.参加するきっかけになったのは?

A.元々先輩達がお正月に集まってるのを知っていて、私も30歳になったら参加しようと思っていました。

Q.司会として参加されたということですが、実行委員会だったんですか?

A.いえ(笑)元々ただ参加するだけのつもりだったんですが、実行委員会を務めていた高校の同級生に頼まれて急遽司会をする事になりました。

Q.司会をやってみていかがでしたか?

A.こんなにいっぱい同級生がいるんだと思いました。司会は同級生の2人でやったんですけど、その人とも10年以上前に出会っていてそこで久しぶりの再会になりました。

Q.同級生とどんなお話しをしましたか?

A.中身全く変わってないじゃん(笑)ってなりました。やっぱり共通の思い出があるとすぐにその頃に戻れますね。

Q.初めましての人もいましたか?

A.はい。むしろ初対面の人と話すことが多かったですね。でも、同じ世代だからこそ分かるその時流行った物とかの話で盛り上がったりして楽しかったです。今置かれてる境遇なんかも同世代だから似てて、中間管理職(?)的な上と下に挟まれて大変みたいな話もしたり(笑)仕事を一緒にする事になった人もいますし、SNSで繋がってる人もいたり、三益式が無ければ繋がる事が無かったと思うと参加してよかったと思います。

Q.三益式についてどう思いますか?

A.県民性もあるかもしれないけど、同級生ってだけで親近感が凄い湧くし、どんどん人と繋がれるとてもいい式典だと思います。同級生なら参加できるっていうこの三益式は、平成生まれの式典だからこれからの時代に合わせて変わっていって、熊本独自の文化にしていっていいと思うし、県外から熊本に来てる人も巻き込まれて欲しいですね。全国に認知されるような式典になっていって欲しいです。

Q.これからの熊本をどうしていきたいですか?

A.出る杭を伸ばすような熊本になっていってほしいですね。自分を認めてもらう為には、相手を認める、理解する努力も必要だと思います。私自身、新たなチャレンジなどを認めてもらえるようになる為にも、周りのことをより理解したいなと思っています。新しい物(個性や人材)を楽しめるように真のわさもんになりたいです。

Q.最後に、参加してみて良い思い出はできましたか?

A.はい!とにかく楽しかったです!式中話せなかった同級生の人と今後出会った時に「実はあの日参加してたんですよ!」っていう共通の思い出話が出来るし、同級生じゃなくても人と知り合う楽しみが増えましたね!そこからまた良い繋がりが出来るかもしれませんし、参加してすぐの時より後々になってからの方が自分の為になったなと思えるんじゃないですかね。とにかく参加してみる事です!参加して損はない!

Other articles

三益式ロゴ

協賛企業様

決まり次第ご案内します。

三益式ロゴ
チケット購入はこちらから