どの道一生に一度だから

2021.02.16

不動産業を営み、熊本のラストサムライとして活動されている松永 哲典さん(38)。事務局長として第一回の三益式に参加されました。

Q.ご職業が不動産業、そしてラストサムライという事ですが、これは一体?

A.これはですね、祖父や父、そして私が居合道をやっている関係で、熊本市から依頼を受けまして、市が作ったラストサムライという取り組みで私も選ばれてやらせてもらってます。居合道とは別に、宮本武蔵の「二天一流」の型を代々受け継いでいて、18代宗家でもあります。

Q.なぜ三益式をやろうと思ったのですか?

A.ちょうど企画する一年前に同級生30人くらいで集まって忘年会をしたんですけど、来年はもっと集めてやろうって言ってたんです。それが今まで続く行事に発展した感じですかね。29歳の時に30歳ってやっぱり何か節目なのかなと思う所があって、最初は仲良い人達2〜300人くらいで集まれてなんかやれたらいいね、みたいな感じだったんですが、話を進めていく内にそんな形ではなくて、どうせやるなら一生に一回だからちゃんとした物を形にしてやろうという事になり、知らない人達も集めてもっとちゃんと社会に出る本当の意味でのきっかけの行事、社会に表現する場を作ろうという事で始めました。

Q.形になるまで大変じゃなかったですか?

A.大変でした。めちゃくちゃ大変。夜な夜な会議室に集まって、喧嘩もしながら。でもなかなか決まらなくて、仕事の後だと夜になって大変だから朝6時くらいからやろうってなったこともあります。とはいえ仕事じゃないからですね。プライベートのこともしなきゃいけないし、三益式のことばっかりに時間を使えない。とにかく試行錯誤の毎日でしたね。11月とかそんくらいの時は毎日ドキドキ!「これ1000人来んくね?これ金足りんくね?」って(笑)だから毎日みんなで集まってましたね。だけど毎回集まれる人も違うから中々先に進まないんですよ。とにかくずっとドキドキ。しかも年末だから自分もどんどん忙しくなりますし。でもそんな忙しさにも負けないくらいみんなの三益式にかける熱量はずっと凄かったです。

Q.そしていよいよ当日を迎えてどうでしたか?

A.前の日ほとんど寝ずに会場設営して、当日は午前中のうちにはみんな先に集合しました。始まる前は興奮してるけど、本当に人来るかなとか不安もありましたね。ぽつぽつと来だしても一気に来るわけじゃないし。大丈夫かな大丈夫かなってなってて、いざ始まるってなったら意外と人が来てくれて、でも来れるかどうかわからないって人も来てくれたり。だから始まった時はまずホッとしましたね。最初は挨拶などもあってシンとして、ある程度落ち着いてたんですけど、懇親会が始まったらまたみんなで気を配ったり、その中でも楽しみながらやってたらすぐ終わりましたね。2時間くらいがあっという間に。参加してくれた人たちも楽しんでくれて、「来てよかった」「こういう会があって嬉しい」「最初行くか悩んでたけど来たら行って良かった」っていう人が多かったですね。三益式で初めて出会って結婚した人もいますね。

Q.実際に開催されてみてどうでしたか?

A.なんか結婚式みたいな感じなんですよ。一生に一度の場って感じで。後輩の代のゲストとして招かれる事もあるんですが、その代の人たちの考えた内容や演出があって、いろんな色があって毎回いいなと思います。やはり節目の行事だなと。三益式後は自分がなにをやっているかを理解してもらえたし、知ってもらえるきっかけにはなりました。そこから交流が増えて、こういう町づくりをしてる仕事なんだっていうのが浸透した事で、町で何かやる時などに色んな相談が来るようになりました。参加した人の中にも三益式をきっかけに商売を始めたりとか結婚した人とか、やっぱり何かの節目になった行事だと思います。行ってない人からは「やっぱり行っとけば良かった」という声も聞きますけど、その度に「だから参加してって言ったじゃん」って言ってます(笑)今でもたまに言われるんです。「四十歳になったら『四益式』せんと?」って。「いや厄入りせなんけんせんよ」って言ってますけど(笑)実は上の年代の人にも影響がいってて五十歳の時に三益式までの規模じゃないけど集まった人たちもいるんです。自分たちより上で年が近い人には「いいよね〜お前たちから三益式とかあって」って言われるんですが、「やれば良かったじゃないですか」って答えてます(笑)そういう声も開催される前は無かったけど終わった後2〜3年してから言われたので、やって良かったんだなと思います。私自身も参加することでプラスになることは間違い無くありました。

Q.これから熊本をどうしていきたいですか?

A.世界の中心になるくらいにしたいですね。一番人が行きたいとか住みたいとか、そういう場所に。デカすぎるけどそれぐらいの気持ちはあります。

Q.三益式に行こうか悩んでる人にメッセージをお願いします。

A.不安はあると思うんです。知らない人も大勢いるし。わざわざ行かんでもいいとか、忙しいとか、色んな不安要素はあると思います。でも、どの道一生に一度なんで。行ってどう思うかは行ってみないとわからないから絶対行った方がいいと思います。

Other articles

三益式ロゴ

協賛企業様

決まり次第ご案内します。

三益式ロゴ
チケット購入はこちらから